フィロソフィ

「創造と行動」

「創造と行動」は、創業者 牛窪一省の行動訓であり、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントのフィロソフィーです。
リサーチを実施しデータを提供することにとどまらず、リサーチを起点として自分たちの手で価値ある情報を「創造」し、それをマーケティングという「行動」につなげてお客様企業と共に世界中の人々に生活価値を創造していく。
これはリサーチ・アンド・ディベロプメントという社名に込められた想いでもあり、私たちはこれを組織のDNAとして継承し続けています。

<ミッション>
マーケティング・リサーチを通じて、生活者の姿と声を有用な情報に変換し、
お客様企業と価値を共創することにより、世界中の人々への価値創造に貢献します。

201212121624_2-422x346

~R&D 企業理念 (1978年)~ 

  1. 現代社会は各種の情報を必要としている。
    社会を構成する生活者・企業・公共機関はそれぞれの活動を計画的、効率的なものにするための情報を求めている。
    他方で、現代社会には情報が氾濫している。情報を求めるもの自体が情報の発生源だからである。したがって氾濫する情報の中から真に的確な情報を得るためには、情報を偏りなく収集するとともに、その価値を科学的に評価することが必要である。しかし、そのための手段は限られており、その能力をすべてのものが有しているわけではない。
    現代社会は、情報を科学的に取扱う知識・能力を有する専門的組織を必要としているのである。
  2. R&Dは、このような社会的ニーズに、マーケティングリサーチという専門的知識・能力をもって対応する企業組織である。
  3. R&Dはマーケティングリサーチの社会的意義を認識し、その存在基盤を強化することに情熱を持つ専門家達が組織する企業である。
    われわれはこのような専門的知識・能力を開発し、これを駆使する人材を育成することを自己の社会的責任であると考える。
  4. R&Dの組織は、その成員すべてが個性的に能力を発揮するための手段であるとわれわれは考える。
    組織がこのように機能するための保証は、われわれ自身の積極的な自己研鑚と組織に対する主体的な参与にある。

リサーチ・アンド・ディベロプメント 牛窪一省
(創業社長)

牛窪一省 プロフィール