無料セミナー:“誰しも「ひとり」になり得る時代 シングル消費のカギは「節目」と「場」”開催のお知らせ

20年前は「夫婦と子」世帯が社会の王道でしたが、今は「単身世帯」の比率が最も高くなりました。生涯未婚率の上昇や高齢化によって今後さらに増加し、20年後の2035年には世帯の4割近くを単身世帯が占めると推計されています。
結婚有無にかかわらず、誰しも「ひとり」になり得る時代。「ひとりで生きる/生活する」ことの意識を捉えることが、今、必要ではないでしょうか。

弊社調査によると、シングルの人たちから「節目」や「場」という新しい消費のキーワードが見えてきました。

本セミナーでは、「単身世帯の増加」から想起されがちな、「貧困」「社会的孤立」といったネガティブな視点からでは見えない、これからのシングル消費の可能性について読み解きます。
お気軽にご参加ください。

(本セミナーの詳細はこちらをご覧ください。)