「日本の夕食が変わっていく- シニアの白ご飯・漬け物離れ -」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、毎日実施している独自調査「ディナーサーベイ 夕食メニュー調査」(毎日 1,000 サンプル、年間 36 万サンプル)を用いて、18~69 歳の女性における過去 5 年間の夕食メニューについて比較分析を行いました。

その結果、シニア層で夕食メニューの変化がみられることがわかりました。

(リリースの詳細はこちらをご覧ください。)