「中高生にも広がる電子マネー、半数以上が店頭利用」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、2017年5月に首都圏在住の中高生を対象に「おこづかい」に関する自主調査を実施いたしました。

電子マネーが普及しはじめて約15年が経過し、近年では利用できる場所も、利用者も増加していると言われています。現在の中高生にとって電子マネーは、子どもの頃からある存在になります。

そこで今回は、その自主調査の中から「電子マネーの利用状況」について、中高生調査と18-79才の調査データを比較しながらご紹介いたします。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。