「終の棲家意識を調査 女性は50才が考え方の分かれ目」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:五十嵐 幹)は、アラフィフ(45-55才、以下ar50)女性を対象に「終の住まい方」に関する調査を実施しました。
シニアの住まいは日本が高齢社会となった時から度々話題になるテーマですが、老後の住まい方についてどのように考えているか、自身の老後についても悩み始めるar50女性に聴取しました。
その結果、女性は50才を境に考え方が異なることがわかりました。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。