「年と共に「家族」以外の「場」を広めていくシングル女性」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、現在、世帯構成比が最も高い「単身世帯」の生活・意識態度についてインターネット調査を実施いたしました。

単身世帯は、生涯未婚率の上昇や高齢化によって今後さらなる増加が予測されています。結婚有無にかかわらず、人生100年時代とも謳われる昨今、誰しも「ひとり」になり得るからこそ「ひとりで生きる/生活する」ということ、そのために必要な消費を考えることが必要ではないでしょうか。 

今回は、「ひとりで生きる/生活する」ことが最も濃縮されていると考えられる「未婚・単身生活者」をシングルとし、既婚・有配偶者との比較をご紹介いたします。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。