『シェアで生まれる「心のつながり」合理性だけではないシェアサービスのメリット』を公開

今年6月に「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が施行され、全国的に解禁になる「民泊」や、若者を中心に利用者が広がっている「フリマアプリ」など、近年、モノやサービスなどを個人間で共有できる「シェアサービス」の関心が高まっています。

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、首都圏在住の18~79歳男女3,000人を対象に「シェアサービス」の利用に関して調査を行ない、シェアサービスの魅力について分析を行ないました。

 

リリースの詳細はこちらをご覧ください。