「ミレニアル世代のSNS発信者が”シェアリングエコノミー”を牽引、これからの新しい消費のカタチをつくる」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、 代表取締役:松田 武久)は、 世界的に注目されている、 デジタルに精通した新世代「ミレニアル世代」の消費行動を探るため、 日本、 中国、 アメリカ、 ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に調査を実施いたしました。

前回の調査報告(「ミレニアル世代の消費行動は「共感できる情報」がカギ ミレニアル世代の消費意識に関する国際調査より」)に続き、 世界的にシェアリングエコノミーが急速に拡大していることから、 ミレニアル世代(本稿では18~39歳として分析)のシェアリングサービスに関する意識をみてみました。

 

リリースの詳細はこちらをご覧ください。