「要介護時の生活場所、男女で意識差 施設許容は女性4割に対し男性3割」を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、 代表取締役:松田 武久)は、 首都圏在住の男女3,000人を対象に自主調査を実施し、50代以上既婚者1,230人対して分析を行ないました。
近年、「人生100年時代」という言葉をニュースで見聞きする機会が増えました。健康なまま年を重ねられれば理想的ですが、いずれ介護が必要になるかもしれません。その時にどこで生活したいと思っているのか、50代以上既婚者を対象に男女での意識差やその要因について考えてみました。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。