『平成時代を総括、30年間の意識変化 ~社会が変化することで、「シームレス社会」の幕開けへ~』を公開

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、1982年から30年以上にわたって毎年、首都圏在住の18~79歳男女3,000人を対象に「生活全般の意識調査」を実施し続けています。
「平成」となって30年。この30年間の社会背景を振り返りながら、人の意識はどのように変化し、これからどのような方向に向かうのか分析を行ないました。
今回は、第一弾として「平成の出来事と気持ちの変化」について発表いたします。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。