『スマホ決済の定着、信用度がハードルに』を公開

首都圏および宮城県・福岡県在住の20~69歳を対象に「キャッシュレス決済」に関する調査を実施しました。
2019年4月末実施の初回調査に続き、第2回調査となりますが、キャッシュレス決済、特にスマホを使った決済は、定着に向けて順調に伸びているとは言い難い状況が続いています。今回は、首都圏以外の状況もあわせて見ながら普及への課題などについて分析を行いました。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。