コロナ禍の意識・行動は、個々の基本欲求の方向性を色濃く反映

全国の20~39歳男女を対象に、新型コロナウイルス流行下における生活の変化と今後の意識について調査を行い、独自の生活価値観クラスター「ポテンシャル・ニーズ・クラスター」により、新型コロナ禍での価値観の違いによる意識や行動の差異を分析しました。

リリースの詳細はこちらをご覧ください。