調査レポート

ミニマリストは自分のセンスに自信あり “モノを持たない生活”を志向する人の特徴とは?

ニュースリリース(PDF版)

平成30年8月9日
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

ミニマリストは自分のセンスに自信あり
“モノを持たない生活”を志向する人の特徴とは?
‐首都圏男女3,000人に調査-

株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、首都圏在住の18~79歳の男女を対象に実施した自主調査を用い、「ミニマリスト」について分析を行いました。
近年、「断捨離」「ミニマリスト」など“不要なものは持たない暮らし”に注目が集まっています。
そのような暮らしを志向する人には、どのような特徴があるのか明らかにしました。

※ “モノを持たない生活” の意向が強く、節約目的ではない者を「ミニマリスト」と定義して分析を行なった。(図1)

調査結果

  • ミニマリストの買い物に関する意識は以下のような特徴がみられた。
    ・ 全般的に“お金をかけている”意識が高く、特に“衣食住”にお金をかけている。(図2)
    ・ ミニマリストは、こだわりが強く、気に入ったものには出費を惜しまない。(図3)
  • ミニマリストは感性が高く、センスや自分自身にも自信がある。(図4)

R&D 生活者インサイト

◇こだわって買っている自負と、自分への自信が強いミニマリスト
ミニマリストは、一般的な消費者よりも「“衣食住”にお金をかけている」傾向が強く、「気に入ったものへの出費は惜しまない」ところを見ると、必ずしも“持たない生活”の理想形は“モノを(なるべく)買わない生活”というわけではないようです。
加えて、手に入れたいものに対して“ガマンや妥協をしない”意識が高いことから、ミニマリストが買い物をするときの判断基準は費用や検討時間、購入先よりも“そのモノを自分が気に入るかどうか”がポイントとなるようです。ミニマリストの“気に入る”基準は、質が良く、自分のフィーリングに合って、長くつきあい続けられることもわかりました。

◇“モノを持たない生活”実現の秘訣は、“自信”と“こだわり”を強く持って買い物をすること
ミニマリストは気に入るかどうかの判断基準がはっきりしている=モノ選びのこだわりが強く、自分自身の“気に入ったモノ”を選ぶスキルに自信があるので、結果的に失敗のない買い物=必要なモノだけが手に入る買い物になるのではないかと推察されます。
「断捨離」「ミニマリスト」という言葉を耳にすると“捨てる”ことや“持たない”ことなど、一見消費と逆行する暮らしに感じられますが、その実は消費から離れることではなく、買うモノに対するこだわりと自信を強く持って消費することだと考えられます。
ミニマリストの“気に入る”モノ、つまり“お眼鏡に適う”モノの範囲は一般的な消費者より狭いかもしれません。でも“お眼鏡に適ったモノ”に対する愛着はひとしおで、こだわりが強いからこそ、一度気に入ればその商品の熱烈な“ファン”になる可能性も十分にあるのではないのでしょうか。

調査結果(一部抜粋)

(図1) ミニマリストの定義

(図2) お金をかけるものに関する意識

(図3) 買うモノを選ぶときの行動

(図4) 消費に関する意識・感性/自分自身への自信

 

調査結果の詳細は、無料ダウンロードレポート『“モノを持たない生活”の秘訣はモノ選びの自信とこだわり』をご覧ください。
本リリースで取り上げた結果以外に、以下の内容を掲載しております。
ぜひこちらもご覧ください。

  • モノを持たない生活に関する意識
  • 節約に対する意識
  • 収入のゆとり
  • 消費に関する意識(お店を選ぶ基準、衣食住・レジャーに対する消費意識)
  • 暮らし方に関する意識
  • 買い物の参考情報源
  • 買い物に迷った時の買い物意識
  • 情報に関する意識

(※最下部にダウンロードリンクがございます。

今回、 分析で使用した「R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)」の詳細は、こちらをご覧ください。

CORE  2018  調査概要

調査名: CORE2018 マスター調査 
調査地域: 首都圏 40km圏(調査地点 200地点) 
調査対象: 18~79歳男女個人 
サンプル数: 有効回収 3000サンプル(人口構成比に合わせて、性×年代別を割付) 
サンプリング手法: 住宅地図を用いたエリアサンプリングで抽出 
調査手法: 訪問・郵送併用の自記入式留置調査 
調査実施時期: 2017年10月(毎年1回10月実施) 
※『CORE』は、株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントの登録商標です。 
※1982年から約30年、生活者理解のために毎年実施している自主調査です。 

会社概要

所在地: 〒163-1424 東京都新宿区西新宿 3-20-2 
代表者: 代表取締役社長 松田 武久 
資本金: 30,000 千円 
設立 : 1968年1月17日 
URL: https://www.rad.co.jp 
事業内容:マーケティング・リサーチの企画設計、実施及びコンサルテーション 
                  経営・マーケティング活動の評価及びコンサルテーション

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 
<例>「(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると・・・」 

お問い合わせ先

●本分析担当: 
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント カスタマーサービス本部(飯島)

●本資料に関するお問い合わせ: 
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント セールスプランニング部(小林)

TEL:03-6859-2281 e-mail:radnews@rad.co.jp 

詳細な調査レポートを無料にて配布しております。
調査レポートをご希望の方は下記の「ダウンロードに進む」ボタンを押してください。

関連するソリューション

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603