調査レポート

どこまで知ってる?乳酸菌の違い

リリース(PDF版)

平成31年4月23日
株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

どこまで知ってる?乳酸菌の違い
- 首都圏18〜79歳1800人に調査 -

 

    株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、首都圏在住の18~79歳を対象に実施した生活者調査の中から、「乳酸菌」に着目して分析を行いました。
    乳酸菌を含む食品と言えば、「お腹に良い」というイメージが代表的です。最近では、それ以外にも様々な健康機能があるという認識が浸透してきていますが、きちんと理解され、使い分けされているのでしょうか。


    調査結果


  • 乳酸菌の効果イメージは「整腸作用」「健康維持」「免疫力向上」がトップ3。(図1)
    続いて「風邪・インフルエンザ予防」「胃腸疾患の改善」「アレルギー疾患のリスク低減」「生活習慣病予防・改善」など。
  • 乳酸菌を意識的に摂る人では、「風邪・インフルエンザ予防」「アレルギー疾患のリスク低減」「生活習慣病予防・改善」などのイメージも強い。(図1)
    疾病に対して「予防」「改善」「リスク低減」のイメージは、乳酸菌を意識的に摂る人では強く、効果を期待して積極的に摂食していると推察されます。逆に意識的ではなく摂取している人は、「整腸作用」以外の機能はそれほど強く意識されていません。
  • 乳酸菌を意識的に摂る人は、摂ることを意識していない人に比べて、摂取カテゴリーが多い。(図2)
    乳酸菌を摂る手段は、意識して摂る人は2.5種類と、摂ることを意識していない人(1.4種類)に比べて多く、また、意識して摂る人は「植物性ヨーグルト」「乳酸菌入り食品(菓子など)」「乳酸菌サプリメント」の利用が1割を超えています。

  • R&D’s View


    パワーアップして復活した「乳酸菌」の人気

    かつて乳酸菌を含む食品・飲料と言えば「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」というイメージが強かったのではないでしょうか。

    最近は様々な健康効果が研究・発見され、商品化されたことにより、「免疫力向上」「風邪・インフルエンザ予防」「アレルギー疾患のリスク低減」「生活習慣病予防・改善」などの能力を持つものというイメージも定着してきています。また、これまで思いつかなかったようなものにも乳酸菌が含まれるようになりました。なじみのある乳酸菌ではありますが、その幅広い力や特性が改めて知らされることで、乳酸菌への関心が高まり、新たな商品開発へと繋がる連鎖が起きているのではないでしょうか。

    一方で、食品ごとにどのようなタイプの乳酸菌が含まれているのか、違いをきちんと理解されていないのも事実です。健康への関心は益々高く、安全な食品・飲料から健康に良い成分を摂りたいというニーズは変わることはありません。今は、AIを駆使して様々なモノやサービスをパーソナライズする流れが活発です。乳酸菌についても、それぞれの体に合う菌を選んでくれて、かつ、好きな食品・飲料から摂れるという選択肢を示してくれるサービスがあるとよいと思います。


    調査結果 グラフ


    (図1)乳酸菌の効果と聞いてイメージするもの

    (図2) 乳酸菌摂取手段/現在(最近3ヶ月以内に)食べたり飲んだりしているもの

    その他の調査データとして、無料ダウンロードデータ集『乳酸菌の意識的摂取に関する調査』には、以下の内容を掲載しています。(全5ページ)

    • 乳酸菌の意識的な摂取について(性・年代別)
    • 乳酸菌を意識的に摂り始めた時期(性・年代別)
    • 乳酸菌を摂る手段(性・年代別/食領域のポテンシャル・ニーズ・クラスター別)
    • 乳酸菌を摂る理由(意識別/摂取カテゴリー別)
    • 乳酸菌の摂り方の変化(食領域のポテンシャル・ニーズ・クラスター別)

    (※最下部にダウンロードリンクがございます。

    今回、 分析で使用した「R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)」の詳細は、こちらをご覧ください。


    調査概要

    調査名: CORE2019春オムニバス調査
    調査地域: 首都圏40km圏(調査地点 200地点)
    調査対象: 18~79歳男女個人
    サンプル数: 有効回収 1800サンプル
    調査手法: CORE2019マスター調査回答者へ郵送
    調査実施時期: 2019年3月実施


    CORE2019マスター調査概要

    調査名: CORE2019(2018.10) マスター調査
    調査地域: 首都圏40km圏(調査地点 200地点)
    調査対象: 18~79歳男女個人
    サンプル数: 有効回収 3000サンプル (人口構成比に合わせて、 性×年代別を割付)
    サンプリング手法: 住宅地図を用いたエリアサンプリングで抽出
    調査手法: 訪問・郵送併用の自記入式留置調査
    調査実施時期: 2018年10月実施
    ※『CORE』は、 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントの登録商標です。
    ※1982年から約 30年、 生活者理解のために毎年実施している自主調査です。


    会社概要

    会社名: 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
    所在地: 〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2
    代表者: 代表取締役社長 松田 武久
    資本金: 30,000千円
    設立 : 1968年1月17日
    URL : https://www.rad.co.jp/
    事業内容:マーケティング・リサーチの企画設計、 実施及びコンサルテーション、 経営・マーケティング活動の評価及びコンサルテーション

    ≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
    本リリースの引用・転載時には、 必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
    <例>「(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調査によると・・・」


    お問い合わせ先

    ●本分析担当:
    株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント マーケティング部(羽鳥)

    ●本資料に関するお問い合わせ:
    株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント マーケティング部(小林)

    TEL:03-6859-2281 e-mail:radnews@rad.co.jp

     

    詳細な調査レポートを無料にて配布しております。
    調査レポートをご希望の方は下記の「ダウンロードに進む」ボタンを押してください。

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603