電話調査

定量調査

Quantitative Research

定量調査

電話調査とは

調査員が調査対象者に電話をかけて回答を得る調査手法です。会話によるインタラクティブなやり取りが可能なので、調査対象者が質問内容を理解したか、自由回答に曖昧な点がないかを確認しながら調査を進めることができます。電話で回答を得るため、広い地域を対象に、短時間かつ低コストでデータを集められ、リアルタイムで回答・集計状況がチェックできることから、インターネット調査の登場以前は盛んに使われていた手法でした。ただし、電話により回答を得るため、画像や動画の呈示が必要な調査はできませんし、ボリュームの多い調査も不向きです。また、近年は固定電話のない世帯の増加や、知らない相手からの電話には出ない傾向が強まっていることから、コストパフォーマンスも低下しており、インターネット調査にとって代わられるケースが増えています。

電話調査の活用例

IT技術の進歩により、電話調査をコンピュータで管理するシステム「CATI(Computer Assisted Telephone Interviewingの頭文字)」が開発されました。CATIでは、調査員が画面を見ながら質問を読み上げ、回答をコンピュータに入力します。それと同時に集計ができるため、調査の進行中に回答のロジカルチェックができます。また、ランダム呈示により順序効果のバイアスも排除できるので、データ精度が高まります。また、報道機関による世論調査で主流になっている、RDD(Random Digit Dialing)と呼ばれるシステムでは、コンピュータで無作為に電話番号を作り出します。電話帳に掲載されていない人にも電話ができ、ある程度代表性を担保したデータを得ることができます。

電話調査を成功させるためのポイント

電話調査の場合、調査員は言葉だけで調査対象者の信頼を得なければならないため、細心の注意を払わなければなりません。電話セールスや近年増加している電話による詐欺に間違われないように、真摯な態度でまず調査の専門機関であることを名乗る必要があります。予め約束した相手でない場合は、初めに数分間時間をとってもらえるかどうかを確かめて、「時間がない」と言われたら回答可能な時間を尋ねて掛け直すなど、マナーを遵守します。 近年は、その特性を活かして、郵送調査や訪問調査の質的情報を補完したり、定性調査の対象者が条件に合致しているか、定性調査の対象者を選抜するためのインタビューなどに使用されます。

R&Dの強み

R&Dの電話調査

低出現率/聴取内容が専門的なBtoBにも対応。
Webツールを活用した汎用的なCATI(キャティ)対応。

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603