会場調査(CLT)

定量調査

Quantitative Research

定量調査

会場調査とは

調査対象者を会場に集めて、実際の製品を呈示して評価や感想などを得る調査手法です。試食テスト、試飲テスト、広告テスト、店頭擬似購買テストなど幅広いテーマで実施されます。個別に訪問調査をするよりも効率的に多くのデータ収集ができ、会場内で調査が完了するので、短時間で適切な結果が得られます。また、情報漏洩のリスクが低いことも会場調査の大きなメリットです。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどの売り場を再現した模擬棚に商品を並べて調査したり、新パッケージの実物を見てもらい評価を聴取するなど、生活者の反応がリアルに確認できます。Central Location Test(CLT)ともいいます。

会場調査の活用例

事前に詳しい情報を流すことが出来ない発売前の商品や、開発段階の商品などを調査する場合も会場調査であれば秘匿性を保持した上で、実際の商品を前にした感想・回答が得られます。また、調査する製品と比較したい製品を提供するとき、テスト環境を統一して提供できることも、会場調査の優れた特徴です。特に、温度管理や提供方法などによって、味や状態などが大きく変わる試飲・試食調査は、会場調査の得意分野です。サンプル配布の難しい、パッケージやネーミング、映像コンテンツなどの調査にも最適です。会場調査はアルコール飲料のコンセプト・味覚・パッケージ調査やTVCMクリエイティブ確認調査などにも活用されています。

会場調査を成功させるためのポイント

実効性の高い調査スケジュール、幅広いテーマに対応できる会場の確保とキメ細やかな会場デザイン、綿密なプランニングによる厳格な試料管理、など無駄のない運営・実査体制を築くことが大切です。調査対象者が的確に商品を試用・試飲・試食したり、商品棚を利用した疑似的な購買行動をおこなうことができれば、商品の「仕様(性能)」「味」「パッケージ」「ネーミング」などに関する反応をダイレクトかつ短期間に収集できます。また、同じ温度で提供したり、形状などを同じものにして提供することで、バイアスを排除することができます。単独では評価を得ることが難しいものについても、会場調査であれば他商品との比較による相対評価を得ることができるので、「競合商品と食べ比べて、評価を得たい」「リニューアル予定の商品と、既存の商品とでどう評価が違うかを知りたい」といった難度の高い要求にもしっかりと応えることができます。

詳細内容

いかなる対象条件にも応えるリクルート精度の追求

対象条件に左右されない計画的なリクルートプランの提案。

  • 専門スタッフによるリクルート管理と社内直轄のコールセンターによる条件確認の徹底

調査員網による機縁法とWebモニターの活用。

  • リクルートソース・コストの適性配分

徹底したリクルートプロセスによる品質管理。

  • 条件確認・案内状確認による対象者管理

自社開発の対象者管理システムによる履歴管理。

  • 対象者の参加履歴から調査員の稼動状況把握

継続評価、経過評価を可能にする機縁ネットワーク。

  • 複数回来場・長時間滞在など対象者理解

最適なフィールドワークデザインの追求

無駄のないフィールドワーク運営と実効性の高い調査スケジュール。

  • 評価時間・調査時間の適性配分

キメ細やかな会場デザイン。

  • 評価ブース・呈示コーナーの適性配分

綿密なプランニングによる厳格な試料管理。

  • 保管時/提供時の適格な温度管理

調査会場

人形町フィールドワークセンター

最大90名(調理ありの場合は最大60名収容可能)を含む、7つのCLT(会場調査)ルームを完備。
弊社最大級のスペースを誇る新CLTルームを増設するなど、様々な調査に柔軟に対応いたします。

人形町フィールドワークセンター

7つのCLT(会場調査)ルームを完備、充実の設備体制

3F、9FはPCネット環境を完備しています。

フロア(部署名) 9F① 9F② 5F 4F 3F 2F 2F
収容人数 調理なし 36人 18人 90人 54人 54人 42人 16人
54人
調理あり 25人 60人 35人 35人

クッキングCLT

調理を行う調査でも多くの経験と実績を持ち高い調査品質を実現

年間1000プロジェクト以上の実績を誇る、R&D人形町フィールドワークセンターには、4つの会場で調理を伴う調査が可能です。また、お客さまの要望に応じて様々な手法に対応できるファシリティとノウハウを持っています。

  • 焼く、煮る、蒸す、炊く… 多様な調理が可能な充実のファシリティ
  • クッキングCLTの経験が豊富なスタッフ
  • スマートデバイスを活用し、調査結果の把握を素早く確認

様々な手法に対応できるツールを備え、多様な業界の調査を実施しています。

初台オフィス

初台オフィスでは、CLTルームを1箇所完備。明るく開放感のある南向きの会場(収容人数:42名)です。
インタビュールームと同一フロアのため、定性調査との複合的な調査にも対応します。

初台オフィス

調査実績

  • シャンプー新製品コンセプト評価
  • 菓子パッケージデザイン調査
  • アルコール飲料コンセプト・味覚・パッケージ調査
  • スキンケア品パッケージのシェルフテスト
  • スマホアプリ操作性調査
  • シニア向け商品TVCMクリエイティブ確認調査
  • シニア向け食品の嗜好性調査
  • 嗜好品4回来場調査
  • 乳飲料の風味調査(ホームユーステスト+会場調査)
  • アルコール飲料味覚調査(会場調査+インタビュー調査)
  • ペット用品シェルフテスト+ホームユーステスト

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603
生活者インサイトに強い市場調査会社、R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)が提供する会場調査(CLT)は、対象者のリクルート精度が高いことが特徴。自社会場を完備し、調理を行なう調査の実績もあります。