ホームユーステスト(HUT)

定量調査

Quantitative Research

定量調査

ホームユーステストとは

商品のサンプルや試作品を調査対象者に普段の生活の中で使用してもらい、その使用感や効果感、使い勝手などから評価をしていただく調査手法です。英語表記はHome Use Testで、頭文字をとってHUTと略されます。インホームテストと呼ばれることもあります。来場型調査ではテストできない商品・サービスの評価や、実生活から離れたテスト環境では、対象となる商品に対して何らかの「バイアス(偏り、偏見)」がかかってしまう場合に用いられます。ホームユーステストは、発売後の実際に使用される環境に近づけて調査を行いたい場合に使い、一定の環境下で製品力を評価したい場合は条件をコントロールできる来場型の会場テストを使うというように、手法の使い分けが必要です。

ホームユーステストの活用例

シャンプー・洗剤などの日用品、化粧品・美容用品・ヘアケア用品、飲料・食料品、調理器具や家電製品といった日常生活で使われるあらゆる商品について、調査することが可能です。たとえば開発中の新商品のどのような点が好まれ、どのような点が好まれないのか、結果どの程度お客様に受け入れられる(購入意向=購入していただける可能性があるのか)を測ることができます。あるいは複数の商品候補がある際には、その評価データを比較し、どの候補がターゲット層に受け入れられるか/競合商品からユーザーをスイッチさせることができるかなどを分析し、最適な商品を選ぶことができます。また、商品力をより強化するためにどこを改良する必要があるのか、メーカー側では気づかなかった示唆を得ることもできるでしょう。調査結果を商品開発に反映させ、より効果的なマーケティングをおこなうことができるのです。

ホームユーステストを成功させるためのポイント

商品を購入した際、店で見たり試したりした時は良かったのに、自宅に持ち帰ってみると印象が違ったという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。ホームユーステストは、実生活に近い環境で使った印象や評価を聴取できるので、印象の違いが生じにくい商品づくりに役立ちます。もし商品のターゲット層がファミリーであれば、購入決定者と使用者は同じとは限りません。その場合は、購入決定者と実際の使用者(家族)に試用していただ き、評価していただくことで、対象家族全体の意見を把握することができます。またホームユーステストを実施する際は、ブランドを明示する方法とブラインドテストと呼ばれるメーカーやブランド名を隠した状態で商品を使ってもらう方法があります。メーカーやブランドが明示されると、そのメーカーやブランドが持つ既存のイメージが評価に影響します。純粋に製品力を測る場合はブラインドテストが適しています。ブラインドテストの場合は、試用していただくサンプル(テスト品)は無地の容器に入れ、製品名はPやQなど序列を想起しない記号で管理します。一方、製品、パッケージ、ブランドも含めての総合的な商品力を測る場合はブランド明示での調査をします。次に取るべきマーケティングアクションを考慮して、どのような設定で使ってもらって評価をえるのかを決め、より消費者のニーズに近い情報を得ることで、魅力的な商品づくりを進められるでしょう。

詳細内容

“質の高い”対象者リクルート

活動拠点を中心に独自のリクルート網を持ち、「顔が見える」対象者リクルートを実現。
地域に根ざした調査員ネットワークにより、正確で強力な対象者リクルートが可能。

“Area leader” とは?

R&Dには、”エリアリーダー”と呼ばれるエリアごとにそれぞれの活動拠点を持つ独自の調査のネットワークがあります。

リクルートの性格性

リクルートの性格性

対象情報を適切に把握しているため、より正確な調査対象者リクルートが可能です。

協力なリクルート力

協力なリクルート力

調査協力が難しいとされる男性や子どもからシニアまで幅広い世代・属性に対して調査が可能です。

Face to Face

Face to Face

エリアリーダによるリクルートだからこそ「顔が見える」対象者リクルートが実現。
高い信頼性が評価されています。

“ホンネを聞き出す”インタビュー技術

技術指導を受けた調査員がインタビューを実施。

  • 対象者の回答精度を高めるとともに、自由回答における深堀りが可能
  • より対象者のホンネを聞き出す技術を保有

直接、対象者宅への訪問が基本。

  • 聴取が難しい情緒的な部分も含めて深堀りを実施し、より具体的でインサイトに迫った自由回答を聴取

意見が出にくいとされる男性や子ども、シニア層などの調査でも回答精度の高い調査を実現。

“徹底した”テスト品管理

調査終了後の高いテスト品回収率。

  • テスト品の紛失・破損による回収が困難にならないよう対象者への注意を十分に促し、徹底した実査コントロールを実施

テスト品の破損・毀損の防止、全数回収を実現するため、R&Dスタッフと調査員とのダブルでの対象者管理体制を採用。

ダブルの管理体制

テスト品管理の取り組み

テスト品管理の取り組み

テスト品配送時には宅配専用箱を使用し、バーコードでの管理を行うなど、厳格なテスト品管理体制を構築。
宅配専用箱、バーコード管理などにより紛失事故を防いでいます。

調査実績

  • 化粧品製品テスト
  • ベビー用品製品テスト
  • 洗剤製品テスト
  • 嗜好品受容性日記調査
  • 食品味覚改良テスト
  • 製品容器の使用テスト
  • ペット用品テスト

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603
生活者インサイトに強い市場調査会社、R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)が提供するホームユーステスト(HUT)は、対象者のリクルート精度が高いことが特徴。指導を受けた調査員がインタビューを実施し、対象者のホンネを聞き出します。