街頭調査(来場者調査)

定量調査

Quantitative Research

定量調査

街頭調査とは

街頭調査とは、調査員が街頭に出て調査対象者を選定し、その場で短時間の面接調査などを行う調査手法のことです。簡単に質問・回答ができるような調査や、場所・時間などを限定した調査が必要な場合に行われます。街頭アンケート、路上調査などとも呼ばれ、テレビや雑誌などのメディアでも積極的に行われています。街頭調査のメリットは、何と言ってもその場で完結することにあります。回答者側にとっても比較的負担が少なく、依頼主にとってもコストとスピード面でメリットの多い手法です。ただし、調査員が調査対象者を選定したり、面接調査を行う場所は、予め道路使用許可を得た場所に限られます。

街頭調査の活用例

街頭調査は、調査地点そのものがターゲットであるか、その場所にターゲット層が集まる/多数いる場合に使われます。例えば、ショッピングセンターや駅など特定の施設の来場者や、ターゲットとする街/エリアに来ている人、ターゲット層が多くいる街/エリアを対象とします。調査対象者リストがなくても、多数の対象者候補に接触し調査目的に合致する調査対象者を絞り込むことが可能で、かつ、その場で回答を得られるため、短時間で調査票を回収できます。

街頭調査を成功させるためのポイント

街頭調査の結果を左右するのが実査前の準備です。たとえ施設から依頼された調査で、場所の指定があったとしても、事前に現地を視察し、時間帯による通行人の年齢や性別などの特性を把握しておく必要があります。実査が困難になる天候や時間帯などをあらかじめ判断しておくことも重要です。調査員が施設来場者や通行人の妨げにならず、かつ、効率的に調査対象者と接触できる場所を見極めておくという意味もあります。公道で調査を実施する場合には、最寄りの警察署に道路使用許可証を申請しなければなりません。施設で調査を実施する場合は、運営会社と施設の責任者の両方の許可が必要です。調査の趣旨や面接調査の方法に精通した多数の調査員を必要とするので、調査員教育の充実度合いも成否を分けます。調査に協力してもらうためには、警戒心を和らげるような服装と話し方を心がけることが大事です。怪しいキャッチセールスに間違われないように、第一声で目的を明確にしなければなりません。調査員の配置場所が複数地点に及ぶ場合は、管理者が巡回して問題なく調査が行われているかどうかをしっかり確認することも重要です。タブレット端末などの機器を使用していれば、回収状況がリアルタイムで把握できますが、紙の調査票の場合、定期的に回収を行い、回収目標数と照らし合わせて、足りない場合には調査員を増員するなどして対処しましょう。

R&Dの強み

R&Dの街頭調査

経験豊富な調査員を用いた調査を実施します。

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603