コンジョイント分析

新製品コンセプトを開発するに際に、消費者にとって価値が最大になるようなコンセプト(属性の組み合わせ)を発見するための分析手法。

コンジョイント分析の詳細

商品やサービスを構成する要素を、それぞれ個別に評価を行うのが一般的ですが、
コンジョイント分析では、商品やサービスを構成する要素を組み合わせて、全体で評価をします。
この評価方法は、実際の購買行動に近く、隠れた優先順位を探るのに適しています。

コンジョイント分析とは・・・

  • 商品やサービスを構成する要素(規格や性能)の最適な組み合わせを探る方法
  • 実査方法に特徴があり、商品コンセプトの組み合わせ案(呈示カード)を買いたい順に並べ替えてもらい、カードの選ばれた順番が回答データになります。

コンジョイント分析とは

アウトプットイメージ

  • 重要度:どの属性(要素)の重要度が高いか
  • 効用値:それぞれの水準(項目)の影響度
  • 各水準の効用値を求められるため、それぞれを組み合わせて、総合効用値を算出することができます。

アウトプットイメージ

調査事例

案件タイトル
トラック新製品のための調査
オーラルケア製品開発のための調査
工業製品開発のための調査

「やさしい統計学講座」もご覧ください。

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603
株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)