ライフサイクル管理

ライフサイクル管理には、ブランドマネジメントや、顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)などに関するリサーチがあります。経営に取り込むべき重要なマネジメントの1つの軸となります。

ブランド認知、ブランドイメージ把握

上市直後の初期購入者を把握

・狙ったターゲットを獲得できているか
・広告コミュニケーション戦略の成果は
・商品サービスのリピートポテンシャルは ⇒ トライアルにおける課題抽出

ブランド価値を把握

・ブランドパワーは
・ブランドイメージは
・ブランドのポジショニングは

おすすめのResearch

ブランドロイヤリティ

商品サービス購入者をトラッキング

・広告コミュニケーション戦略の効果測定
・商品サービスのリピートポテンシャルは ⇒ リピートにおける課題抽出

ブランドユーザーを把握

・ブランドユーザーの構成は
・ロイヤルユーザーは誰か、どのような点を評価しているか

おすすめのResearch

ライフサイクル

ブランドの育成・成長をトラッキング

・ブランド浸透度/ブランド価値の推移
・購入経験の推移
・ユーザーの推移

ブランド再活性化、ブランドエクステンションの可能性検討

・ブランド展開案の方向性、可能性の抽出、整理
・ブランド再活性化の受容性、受容/非受容ポイントの整理
・ブランド再活性化における市場需要予測

おすすめのResearch

コーポレートブランド評価

コーポレートブランドの現状把握と各ブランド、商品サービスとの関係性を把握

・コーポレートブランドの浸透度
・コーポレートブランドの価値
・各ブランド、各商品サービスにおけるコーポレートブランドの影響度

おすすめのResearch

顧客満足度

顧客の満足度評価を把握

・商品サービスの総合満足度
・評価項目別の満足度、総合満足度への影響度
・優先的に改善すべき点の把握
・競合商品サービスと比べて優位な点、劣位な点の把握

実際の現場での施策の実行度合いを把握

・指示通りの応対ができているか
・トレーニングの成果は出ているか

おすすめのResearch

従業員満足度・ステイクホルダー満足度

従業員の満足度評価を把握

・仕事内容に対する満足度
・企業経営・組織体制に対する満足度
・就業環境に対する満足度

市場における企業・経営者の評価を把握

・事業内容に対する認知状況
・コーポレートイメージ・好意度
・経営トップの認知、評価

企業に関わるステークホルダーの企業の評価を把握

・企業活動に対する「従業員」「株主」「取引先」への評価

おすすめのResearch

商品サービスのマーケティング・フローは、開発・設計から市場導入、そして上市後の検証・改善活動というサイクルになります。

このマーケティング・サイクルを回し続けることによって、開発した商品サービスとそのブランドの課題を抽出し適宜解決していくことが大切です。長期的に商品サービスを定着させ、ブランドを育成していくために必要なマーケティング・プロセスになります。

R&D オリジナルアプローチ

-R&D Original Approach-

経験価値構造測定システム

経験価値構造測定システム

経験から得られる価値化の強さとブランドロイヤルティには密接な関係があります。R&Dでは、この関係を経験価値構造として体系化し、経験の価値化によるブランドの強さを測定していくシステムをご提案致します。

調査例

ブランドごとに嬉しい・印象深いと実感じた度合いを把握し、そのポジティブな経験をした者に対して分析をすることで、競合と比較した中での価値構造を把握し、自社ブランドで強化すべき領域を見出していく。

知覚品質測定調査システム

知覚品質測定調査システム

知覚品質測定調査システムとは、自ブランドの優位性や品質についての「生活者の認識(=知覚品質)」を把握し、顧客が重視するベネフィットと、主要競合とのポジショニング(相対評価)から、ブランド・マネジメントの戦略構築をサポートするものです。

調査例

基礎化粧品を選択時に重視する要素を把握することで、生活者が重視する視点を見出し、他ブランドと比べての優位性を分析