環境分析・市場機会の発見

商品やサービスの開発をするためには、市場を知ることが土台となります。
市場規模や生活者・消費者に実施や行動、その背景にある意識の把握、そして動きを観測します。
マーケットを攻略するためのアイデア開発やマーケティング戦略のための基礎資料となります。

社会分析

世の中の動きを把握する

・今、世の中はどういう動きになっているのか
・その傾向は昔から変化があるか
・どのように変化しているか
・その変化の背景にはどのようなことが影響しているか

おすすめのResearch

生活者理解

生活者を知る

・世代による行動や意識の違い
・その傾向は昔から変化があるか
・どのように変化しているか
・その変化の背景にはどのようなことが影響しているか

おすすめのResearch

市場動向把握

ターゲット市場の基礎情報

狙う市場の状況を把握
・市場のボリュームサイズはどれくらいか、拡大しているのか
・市場ではどのような変化が起きているのか
・ターゲット市場に影響を与える要因は何か、関連しているものは何か

おすすめのResearch

ターゲット市場における商品動向

狙う市場の既存製品を把握

・現状、どのような商品が売れているのか
・伸びている製品、加工している商品は何か
・この市場で成功している商品は何か、その成功要因は何であるか
・逆に、失敗した商品は何か、その失敗要因は何か

おすすめのResearch

ターゲットにおけるユーザ動向

ユーザーの商品選定、使用、購入行動・実態・意識を把握

・年代や世代によってどのような違いがあるのか
・その行動・実態・意識には変化はあるのか

おすすめのResearch

ターゲット市場におけるセグメント分析

生活者を価値観などでセグメント化し、狙う市場における効果的なアプローチ方法を探る
・この市場をけん引している層は誰か、どんな人たちなのか
・その人たちはどこにいて、どんなアプローチ方法だと効果的なのか
・ターゲット市場において、どのように商品やサービス、価値観が伝播していくと予測できるか

おすすめのResearch

ターゲット市場における自社と競合環境の分析

狙う市場における自社の強み・弱みを把握
・自社の強みは発揮できるのか、弱みは何か
・競合環境はどうなっているのか
・チャンスはどこにあるか、脅威は何か

おすすめのResearch

商品やサービスの開発を行うための土台となるのが、「生活者研究」や「マーケット検索」です

特に、狙っているターゲット市場だけではなく、幅広い視点から市場を眺める「生活者研究」が重要です。
近視眼的にターゲット市場の周辺情報のみを収集するするのではなく、時代の動きを観測・把握・理解したうえで次の市場を予測することが大切です。

R&D オリジナルアプローチ

-R&D Original Approach-

ソーシャルヒストリー分析

ソーシャルヒストリー分析

生活者の行動に大きな影響を与える”社会の気分=ソーシャルインサイト”を時系列で把握。ヒストリーからサービス・商品へ繋がる、新しいアプローチの試みを探ります。

調査例

社会・経済の動向と暮らし方の変遷を時系列で一覧にし、過去の変遷から未来の潮流を予測

CORE

CORE

1989年から30年以上、生活者の変化を定点観測。これからの価値観や行動を予見し、次のマーケティングをサポートが可能な生活者データベースです。生活意識の潮流や変化の兆しを把握することが可能です。

調査例

生活意識態度を30年間時系列で比較することで、生活者トレンドの変化を分析

調査例

自ブランドの購入状況と、生活者意識を合わせて価値観の変化を分析

Community Solution

Community Solution

継続的にコミュニティを形成することで、ホンネで語りやすい環境を構築しています。その関係性の中から、新たな気付きを引き出します。

生活者レポート

生活者レポート

R&D独自のデータに加え、国や組織が公開する既存データを盛り込んだオリジナルの生活者レポートをご用意しています。「若者」「Around50」「シニア」と様々な世代を捉えるためのヒントを集めています。

ディナーサーベイ

ディナーサーベイ

食メニューを全国365日調査することで、夕食トレンドの変化を把握できます。効果的なMD計画の策定と生活者のリアルなメニュー選定・調理の実態把握を支援します。

調査例

過去5 年間の夕食メニューを時系列で比較し、夕食メニューの変化を分析

Around50コミュニティ

Around50コミュニティ

50歳前後の女性をコミュニティ化し、「Around50の不安と悩み」「ホンネの気持ち」を引き出す仕組み

調査例

更年期に関するセンシティブな話題を、信頼関係が構築されたコミュニティメンバーに投げかけてメンバーからの実体験や不安を聴取。新サービスコンセプトをブラッシュアップ。

iDOBATA KAIGI

iDOBATA KAIGI

シニアのホンネに会えるFace to Faceコミュニティを活用して、定性的な情報を得る

調査例

シニア向け食品のコンセプト案を、自分の意見をきちんと言える関係性のコミュニティに提示して、ホンネの評価を得る。

U26平成男子コミュニティ

U26平成男子コミュニティ

20歳から26歳男子の日常の会話からホンネが見えるコミュニティ

調査例

通常のグループインタビューでは発言の少ない若年男性から、よりホンネを引き出すために、すでに関係性のできているU26コミュニティを活用し、コンセプト調査を実施。