マーケティング戦略

マーケティングの4P、商品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)についてのさまざまなリサーチを実施しています。これらの確認をしながら新商品・サービスを市場に送り出していく、重要なステップです。テスト・マーケティング段階におけるリサーチも紹介します。

プロダクトチェック

製品力はあるか

・プロダクトチェック
・コンセプトとの合致度
・競合商品と比べてどうか(ブラインド)

おすすめのResearch

デザインチェック

どんな商品デザイン(パッケージ)にするか

・デザインチェック
・コンセプトとの合致度
・店頭インパクト

おすすめのResearch

価格設定

価格設定はどうするか

・価格設定は妥当か

商品としての受容性はどうか

・ターゲットにおける利用意向
・競合商品と比べてどうか

おすすめのResearch

チャネル戦略

エリア・マーケテイング(商圏調査/商圏分析)

エリア・マーケティングのためには以下の3つの視点それぞれについて検討することが必要となります。
・需要の質 エリア(商圏)生活者のライフスタイルの地域的傾向を把握する
・競合の質 エリア(商圏)内のマーケットシェアを把握する
・チャネルの質 エリア(商圏)内の店舗力、従業員の能力レベルを把握する

おすすめのResearch

立地条件・店舗利用状況の確認

出店予定地や再開発予定地の実態を確認します。

・通行量をカウントして人の流れを分析
・来街者にどこから来たか、どの施設を回っているか、来街理由などを聴取 など

おすすめのResearch

マーチャンダイジング向け調査

生活者の消費実態、ニーズをとらえ、主に小売り業での品揃え、店頭政策に活かします。

おすすめのResearch

コミュニケーション戦略

ターゲットの情報収集行動(カスタマージャーニー)を知る

●ターゲットの情報収集行動と購買行動の関係性を明らかにする
生活者がどのように情報に触れ、その情報接触が商品選定や購買行動にどのように結びついているのか、どんな情報がトライアルを喚起させ、リピートにつながるのかなどを把握します。
・コミュニケーションターゲットの設定
・ターゲットの情報収集行動の基礎情報を得る
・ターゲットにおける選定、購入までのカスタマージャーニーを明らかにする

おすすめのResearch

広告コミュニケーション戦略をたてる

●広告コミュニケーションのゴールを決める
・何が伝わればよいのか/誰に伝わればよいのか
●どのようなターゲットに向けてどのような媒体でどのようなメッセージを伝えていくのか
・何をどのように伝えるか
・誰に伝えるのが効果的か

おすすめのResearch

表現コンセプト構築とクリエイティブチェック

●ターゲットにどのように伝えるか
・何をどのように伝えるか
●広告表現の評価は
・表現は受容されるか
・商品コンセプトを的確に表現しているか
・インパクトはあるか

おすすめのResearch

広告コミュニケーション/キャンペーンやイベントの効果測定を行う

●広告の効果は
・広告コミュニケーションの浸透度を把握する
・広告コミュニケーションのインパクトを把握する
・広告コミュニケーションの評価を把握する
●キャンペーンやイベントの効果は
・ブランドの認知度・認知内容の変化に結びついたか

おすすめのResearch

テストマーケティング

全国での商品サービス投入に先立ち、限定した地域においてマーケティング戦略の確認をします。

●ターゲット市場でどれくらい、どのように受け入れられるか
・市場への浸透度を把握する
・購入者の評価を把握する
・需要の予測

おすすめのResearch

R&D オリジナルアプローチ

-R&D Original Approach-

CORE

CORE

生活意識の潮流や変化の兆しを知ること、関連領域の生活者意識の動向を知ることから、コンセプト開発,市場機会探索のヒントが得られます。

調査例

R&D独自のニーズ・クラスターにより、コンセプト受容性とターゲット像を分析 ⇒クラスターのページができたら飛ばす

調査例

生活領域別の基本的な欲求の動き(時系列データ)をアイデア作りのベースデータとする

ディナーサーベイ

ディナーサーベイ

毎日の夕食のメニューやその選定理由、摂取場所などを聴取し、日々変化する夕食トレンドの把握に活用出来ます。効果的なMD計画の策定と生活者のリアルなメニュー選定・調理の実態把握を支援します。

調査例

節分やクリスマスなどのメニュー動向をさぐる

調査例

食生活の変化をトレンドとしてとらえる

iDOBATA KAIGI

iDOBATA KAIGI

継続的に関係をつくっているコミュニティを活用してシニアのホンネに会えるアプローチです。

調査例

広告やCMを提示して評価を得る

調査例

パンフレットの読みやすさ、使い勝手を確認する