ポテンシャルスクリーナー(PSC)

オリジナルアプローチ

Original Approach

サービス

ポテンシャルスクリーナーとは

ポテンシャルスクリーナー(PSC)とは、新商品のアイデアやコンセプトの反応を診断できるリサーチソリューションです。将来売れる可能性を見分けます。

詳細内容

R&Dのポテンシャルスクリーナー

  • ヒット商品を生み出したい
  • 売れると思った商品が思うように売れない
  • 商品開発サイクルが速く、調査をする時間がない
  • 低コストでスピーディーに調査したい

…に応えます。

新商品のアイデアやコンセプトを、R&D独自の価値観セグメント(クラスター)で診断します。単純に市場全体での反応を見るだけでなく、新しいものへの感度や情報伝播力が強い層を抽出したモニターの反応を見ることで、今ではなく将来売れる可能性を見分けます。

※ご紹介資料のダウンロードはこちら

クラスターの反応から、狙うべき市場と開発優先順位付けを検討

あらかじめポテンシャル・ニーズ・クラスター(PNCL)を聴取し、9つのパターンに分類したモニターにコンセプト評価を行なうので、より低コストでスピーディーに調査することが可能です。

【アイデア・コンセプトスクリーニングの2つ危険性】

  • ①将来ヒットする可能性はあるが、現時点では斬新すぎるため上層部に承認されない。(ドロップエラー)
  • ②皆が納得しがちなありふれたアイデアを商品化段階まで進めてしまう。(ゴーエラー)

ポテンシャルスクリーナー(PSC)の活用事例

コンセプトを3案呈示し、全体の評価は3案とも同等であっても、ポテンシャル・ニーズ・クラスター(PNCL)ごとに反応が異なる場合、狙うべき市場を予め予測することができます。

ポテンシャルスクリーナー(PSC)の活用事例

基本調査設計

サンプル数:600サンプル(各100サンプルずつ)

  • トレンドセッター
  • トレンドキャリアー
  • フォロワー
  • ムードメー カー
  • マーケットミラー
  • ニッチリーダー

アイデア・コンセプト数:6案まで

アウトプット

  • 市場判定、要素別評価(新奇性、信頼性、理解、共感、差別性、話題性)

アウトプット例

【分析例】

  • アイデア・コンセプト文中の好嫌ポイント・キーワード
  • 評価理由(自由回答)
  • 使用シーン
  • 使用形態(新規、併用、買い替え)など

要素別アウトプット例

要素別アウトプット例

料金

ポテンシャルスクリーナー(PSC)のご案内

基本料金:一式 80万円(税別)

  • 設問導入できるのは弊社ならびに弊社グループ企業にて実査を行う場合のみです

オプション調査

  • 文中の好嫌ポイント追加 +10万円
  • 自由回答追加1問 +2万円
  • 自由回答分析 +5万円~

PSCを活用した調査

  • 課題の洗い出しから分析アウトプットまで、R&Dスタッフが お手伝いします

オリジナルアプローチ

-R&D Original Approach-

サムネイル

ソーシャルヒストリー分析

生活者の行動に大きな影響を与える”社会の気分=ソーシャルインサイト”を時系列で把握。ヒストリーからサービス・商品へ繋がる、新しいアプローチの試みを探ります。

調査例

社会・経済の動向と暮らし方の変遷を時系列で一覧にし、過去の変遷から未来の潮流を予測

サムネイル

CORE

1982年から30年以上、生活者の変化を定点観測。これからの価値観や行動を予見し、次のマーケティングをサポートが可能な生活者データベースです。生活意識の潮流や変化の兆しを把握することが可能です。

調査例

生活意識態度を30年間時系列で比較することで、生活者トレンドの変化を分析

調査例

自ブランドの購入状況と、生活者意識を合わせて価値観の変化を分析

ご調査の相談や見積もりのお問い合わせ、資料請求がございましたらお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:平日 10:00~18:00

0120-958-603