ソリューション

R&Dオリジナル

CORE

CORElogo
生活者総合ライフスタイル調査「CORE」は、コンセプト開発に有効な「付加価値を予測できる実践的ツール」の実現するリサーチソリューションです。

詳細を見る

ディナーサーベイ

DINNER_SURVEY
「夕食メニュー調査」は、毎日の夕食のメニューやその選定理由、摂取場所などを聴取し、日々変化する夕食トレンドの把握に活用出来ます。効果的なMD計画の策定と生活者のリアルなメニュー選定・調理の実態把握を支援します。

詳細を見る

エスノグラフィ 知る観る創る

エスノグラフィー
ターゲットの生活空間に入り込むことにより、コンシューマ・インサイトを発見。

詳細を見る

R&Dのコミュニティソリューション

SO-04_01
「コミュニティ・ソリューション」では、お互いの顔が見え、人となりも見えることにより、通常のグループインタビューやMROCとは異なる新しい信頼関係を構築することが可能です。

詳細を見る

経験価値構造測定システム

消費のプロセスで、情緒的なベネフィットとしてその経験が価値化されると、ユーザーは、その経験の再現を期待し、リピートという態度に現れます。
つまり、経験から得られる価値化の強さとブランドロイヤルティには密接な関係があります。
R&Dでは、この関係を経験価値構造として体系化し、経験の価値化によるブランドの強さを測定していくシステムをご提案致します。

詳細を見る

ソーシャルヒストリー分析

“社会の気分=ソーシャルインサイト” を時系列で把握 生活者の行動に大きな影響を与える“社会の気分=ソーシャルインサイト” を時系列で把握。 ヒストリーからサービス・商品へ繋がる、新しいアプローチの試みを探ります。

詳細を見る

新しい消費のカタチ シミュレーション消費

仕掛けられるのはもうたくさん。若者はリアルでもネットでもお店に向かいません。消費の現場で起きている変化を「シミュレーション消費」というキーワードでひもといていきます。

詳細を見る

分野別

ヘルスケア・リサーチ

ヘルスケア・リサーチ
医療・介護系の調査では、疾患別/テーマ別に医療従事者・患者・家族介護者など様々な方々を対象に、幅広い手法を駆使し、お客様のご要望や課題にお応えしています。

詳細を見る

海外調査(グローバル・リサーチ)

国際経験豊かなリサーチャーが最適の調査を企画。独自のソリューションツールを活用して、各国での市場・消費者についてのインサイトを提供します。

詳細を見る

訪日外国人(インバウンド)・在日外国人調査

訪日外国人、在日外国人に対し、幅広い手法でインタビューやアンケートを行います。

詳細を見る

ターゲット別

R&Dのシニアインサイト

R&Dが考える、これからのシニア市場のテーマは「日本が切り拓く“長寿活力社会”」です。

詳細を見る

iDOBATA KAIGI(イドバタカイギ)

「iDOBATA KAIGI(イドバタカイギ)」は、従来のグループインタビューと異なり、参加者が自由に楽しくおしゃべりをしていただけるコミュニティです。

詳細を見る

iDOBATA KAIGI+ (イドバタカイギ プラス)

「iDOBATA KAIGI+(イドバタカイギ プラス)」では、参加者が自由に楽しくおしゃべりをしていただけるコミュニティ
iDOBATA KAIGI」を貴社の課題・テーマに応じてカスタマイズすることが可能なシニアリニアコミュニティです。

詳細を見る

Around50コミュニティ

Around50コミュニティは、50歳前後の女性をコミュニティ化し、「Around50の不安と悩み」「本音の気持ち」を引き出すしくみです。

詳細を見る

U26平成男子コミュニティ

本コミュニティでは、「U26世代」と呼ぶ20~26歳の男性の価値観や意識と、それに伴う様々な行動について理解をしていきます。

詳細を見る

マーケティング・テーマ別

生活者研究/マーケットビュー

各テーマでのマーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

商品開発/サービス開発

各プロセスでのマーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

ブランドコミュニケーション

各テーマでのマーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

ブランドマネジメント

各テーマでのマーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

コーポレートコミュニケーション

各テーマでのマーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

CS(顧客満足度)・ES(従業員満足度)

マーケティング課題と生活者において明らかにすること/アプローチ方法

詳細を見る

お気軽にご連絡下さい

お電話でのお問い合わせ
0120-958-603
受付時間:平日 10:00~18:00
メールフォームからのお問い合わせ
お問い合わせ一覧 調査に関する
お問い合わせ
株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)